各種予約

サマーゲレンデSUMMER SLOPE

「ふじてん」のサマーゲレンデは
限りなく雪上に近い感覚で
スキー&スノーボードが楽しめます

東京・横浜から近い
富士山のスキー場「ふじてん」のサマーゲレンデは、
「滑り」と「ターン」性能をあわせた最新「カービングマット」を使用。
だから夏でも限りなく雪上に近い感覚で
スキー&スノーボードが楽しめます。

サマーゲレンデ詳細

サマーゲレンデ専用の
最新スノーマット使用!

サマーゲレンデ専用の
最新スノーマット使用!

今までの夏用スノーマットは冬積雪の少ない時に、少ない雪をサポートするためのマットを転用する形で始まりました。
そのために、従来は滑走感としては今ひとつという印象も。
ふじてんのスノーマットはサマーゲレンデ専用に開発された第3世代のスノーマットを使用しています。
スキーヤーにもスノーボーダーにも楽しんでいただける、滑走性とロングターン性能を併せ持つ高性能サマーゲレンデ用マットです。
マット部分の素材の硬さやピンの長さなどを調整することで、スキーのエッジがグリップしやすくなっており、 カービングターンのようにシャープなターン感覚を得ることができます。

コースはゆったり。
コブも設置。

コースはゆったり。
コブも設置。

コースは約300m、最大傾斜15度、平均斜度12度。
第4ファミリーリフトを使用する、幅比広く、ゆったり滑れるコース内には、1列ながら全長約150mのコブも設置しています。

レンタルも充実!

レンタルも充実!

スノーボードやスキー板、ブーツなどのレンタルも充実。
自分の板を持って行かなくても良いので、身軽に出かけられます。
東京・横浜・静岡からも近く、簡単に日帰りできるふじてんだから、思い立ったらその日に気軽にでかけましょう。
また、従来より営業している「グラススキー」が楽しめる芝生のコースが隣接。
同じブーツで異なる滑走ができるので、カービングスキーの練習に最適です。
スキーやスノーボードに飽きたら「スケートボード」のゲレンデ版「マウンテンボード」や、ヨーロッパ生まれのゲレンデ用そり「ポッカール」などアウトドアアイテムで遊ぶのも楽しいですよ。

レンタルの詳細

サマーゲレンデ
遊び方のコツ

冬のゲレンデと同じ感覚で滑るために、
ふじてんスタッフおすすめの遊び方のコツを教えます!

  • どんな服装で行ったら良いの?

    サマーゲレンデは、夏と秋に楽しめるスポーツです。夏はTシャツや短パンで行いたいところですが、プラスティックの硬いブラシが格子状に敷き詰められており万が一転倒するとすり傷になりますので、最低でも長袖・長ズボンに手袋。できれば、厚手の生地をおススメいたします!

  • ゲレンデの水対策は?

    濡れている方がスムーズに滑ることができるサマーゲレンデでは、コースの滑走性を高めるために散水しています。そのため多少ぬれても良い服装を準備してくださいね。なお、散水は膝から下が濡れるくらいです。つまり晴れ→曇り→雨というように雨天時の方がサマーゲレンデは滑走性が良く、雨でも十分に楽しめるスポーツです!雨天時にもカッパを着て皆さん楽しんでいますよ。

  • ケガの対策は?

    ケガで一番多いのは、手の指の捻挫や脱臼。そこで、やはり冬に使用するような厚手の手袋をおススメしています。また、雪の上より衝撃も強いので、ヘルメット着用や肘膝のプロテクター着用をおススメいたします。

  • 何を持っていったら良いの?

    サマーゲレンデ用の板などをレンタルしていますので手ぶらでも利用可能ですが、衣服などの着替えや直接肌に付けるもののレンタルはありませんのでお持ちください。特にゴーグル、タオル、リフト券入れ、サマーゲレンデ用WAXをお持ち頂くと便利ですよ。なお、冬にスキー・スノボーをする際に使っている道具でも利用できます!

  • スキー板やボードなどは、自前のものを持っていった方が良い?

    レンタルもありますが、ご自身のものをお持ち頂く場合、サマーゲレンデ(プラスノー)は板の滑走面やエッジが摩耗しますので、冬には使用しない、「お古の板」があればそれを使用するのが一番良いですよ。

  • レンタルできる板・ボードはどんなもの?

    レンタルでは、冬に貸し出しているスキー・スノーボードとサマーゲレンデ用があります。スキーはカービングスキー、ショートスキー、ジュニア用があり、ボードはフリースタイルがあります。ふじてんのサマーゲレンデでは、一番滑走性が良いのは冬のスキー・スノーボードの滑走面。スピードが出ますよ。但し、滑走面やエッジが摩耗します。また滑走性を問わずに耐久性という方にはサマーゲレンデ専用の板がおススメです。「オガサカスキー」「ハート」の2つのブランドから販売されていますよ。

  • スピードを出したい!良い方法はある?

    一番スピードを出すには、冬の板に、サマーゲレンデ用のWAXをしっかり塗りましょう!

  • レンタル利用者はどのくらい?

    レンタルを利用する方は全体の2割くらいです。

  • ワックスはどの種類がスムーズに滑れるの?

    現在一番滑るといわれている、「マツモトワックスTHEBRUSHWAX」がおススメです。現地でも販売していますよ。またリフト近くにはワックスマットが設置してあるので、そこを通ってリフトに乗って下さい。雨の日はゲレンデそのものが濡れるのでさほど滑りに変わりはありませんが、晴れの日には格段の差が出ますよ。

  • 自然環境保護のために、禁止しているワックスはある?

    油分が入っているワックスやオイルは禁止です。(CRCなど)

  • コースは初級~上級者、みんな楽しめる?

    急斜面は無く、緩・中斜面のコースになりますので初級者でも楽しめます。また、初心者の方は下部のベルトコンベアを利用されると、緩斜面だけで練習できますよ。上級者にはコブのコースもあり、中級以上の方はカービングターンの練習になりますよ!

  • マットの上で雪の上を滑っている感覚をより楽しむコツは?

    スピードを出せば出すほど、雪の上の感覚に近くなります!ですので、雪上の感覚を楽しむためにはスピードを殺さないように滑るのがコツです。

  • リフト券は「3時間券」と「1日券」、どちらがお得?

    3時間券は3時間、一日券は9:00〜16:20(7時間20分)ですので、やはり一日券の方がお得だと思います!また、シーズン券も販売しており、こちらは他のスポーツ(マウンテンバイク等)にも使用できますので、とってもお得です。

  • 1日券で1日に滑れる平均本数は?

    一日券を買われたお客様は、30本くらいは滑っているようです。

  • リフト券はどのタイミングで買うとスムーズに遊べる?

    一日券の場合はやはり朝一番の8:30です。ただし、冬のようには混み合わないので何時でも大丈夫でしょう。

  • 滑るのにおすすめの時間帯はある?

    カービングマットは気温に影響され、伸び縮みや硬さが変化します。そのため、気温の低い朝や15:00以降は硬くなるので、滑走性が良くなりますよ!

  • 富士山の景色を楽しむのにおすすめの時間帯や時期は?

    富士山麓にある、ここふじてん。特に夏の終わりから秋にかけての夕方は「赤富士」になりやすく、景色も楽しむのにオススメです。

サマーゲレンデ
営業案内

冬のゲレンデと同じ感覚で滑るために、
ふじてんスタッフおすすめの遊び方のコツを教えます!

営業情報

営業期間2022年6月18日(土)~2021年10月23日(日)
営業時間9:00~16:45
営業日営業カレンダーはこちら
ページのトップへ